谷川岳

2017年10月1日、谷川岳に登る。

前年に越後湯沢を訪れてから、ずっと谷川岳が気になっていた。関東から越後湯沢に向かうと、県境の長いトンネルを抜けることになる。トンネルに入る直前までは晴れていたのに、トンネルを抜けると雨が降っていた。中央分水嶺という言葉は知っていたが、山のあちら側とこちら側で天気が変わるというのは凄い。晴れと雨が入り混じる山の上はどうなっているのか?

幸か不幸か晴天に恵まれ天候の境い目を見ることはなかったが、群馬側と新潟側とで植生が異なることは素人目にも分かった。

なお、谷川岳の晴天は珍しいというのは後で知った。