武甲山

2019年1月、武甲山に登る。

町とともにある山だと思う。
山頂からは秩父市内が一望できる。

山の南斜面は削られていないが、北側が削られており、山自体が秩父市街の南方に位置するため、市内から山の方を見ると常に削られた姿が見える。武甲山から産出される石灰(セメント)が秩父の基幹産業の1つであったことは間違いなく、秩父に故郷がある自分も間違いなくその恩恵を受けているはずだと思う。